オーベルの住まいづくり|オーベル -OBER-
大成有楽不動産の新築マンション

オーベル -OBER-

オーベル -OBER-

オーベルの住まいづくり

「オーベル」コンセプトムービー

「OBER」の住まいづくりで大切にしている4つのコンセプトを動画にてご紹介いたします。

居住性能

O-range LABO(オレンジラボ)

ヒントも、答えも、すべてお客様の“声”のなかに。

お客様の声を聞き、あるべきモノを考え、カタチにする。そのサイクルから生まれたO-range LABO(オレンジラボ)は、暮らしの新提案を生み出しました。

  • ワーキンググループ発足
    商品の企画および検証

  • グループインタビューの実施やメーカー等との連携
    設計・試作品づくり・商品の改良

  • マンションへの商品・サービスの導入
    お客様にお使いいただく

O-rangeとは

『OBER』の頭文字である「O」と、「Range(取りそろえ商品)」という言葉を組み合わせたネーミングです。
オーベルという住まいでしか出逢えない、新しい生活価値創造に向けたモノづくりの想いを込めました。

より使いやすく、収納しやすく、暮らしを楽に。

多くの声を反映し新発想の収納を作りました。

Spaceデッドスペースの有効活用

限られたスペースの中で、空間を「立体的」に有効活用する。

傘掛けバー

トール収納部の扉裏に、紳士用・婦人用合わせて約8本を収納できる傘掛けバーをもうけました。

小物トレー

自転車・自動車のキーや、印鑑など、玄関まわりに置いておきたい小物を収納できます。

ちょっと掛けハンガー

コーディネートを考えるのに“服をちょっと掛けておきたい”というニーズから生まれたハンガーです。使わないときはスッキリたたんでおけます。

掃除機の背面スペース

前後分割棚を活用すれば、掃除機の後ろのスペースにも棚板が設置できるので、有効に活用できます。

扉裏収納

掃除用小物などをさっと取り出せるよう、フックやカゴ、折り畳みバーを扉の裏側に設けました。

Reserveモノの指定席を決める

何をどこに収納するかある程度想定して、そのサイズに応じたスペースを作る。

トイレットペーパーの指定席

12ロール入りの袋をそのまま置けるスペースを確保しました。トイレットペーパーを買ってきたら、袋から出さずそのまましまえます。

フロアワイパー用フック

モップ類を壁面に下げられるよう、専用のフックを設けました。

コンセント付き掃除機専用スペース

掃除機をすぐ出し入れできるよう、掃除機専用のスペースを設けました。収納したまま充電できます。

引き出し収納

ヘアブラシ・クシや美容家電、化粧品など、中に置いたモノが奥まで一目瞭然。シャンプー・リンスのボトルを縦置きできる高さを確保しました。

ハンガーストックパイプ

ハンガーの置き場所として、ちょっとした下着や靴下、ハンカチなどを干すのにも便利です。また収納の扉部分のサイズを大きくし、扉を閉めるとパイプが隠せます。

Customize自分なりにカスタマイズできる

ライフスタイルに応じて、自分好みの使い勝手ができる。

上下前後可動ハンガーパイプ

多くの受け穴を設けることで、洋服の大きさに合わせてパイプの位置を上下・前後と自在にアレンジ可能。

前後分割棚

手前と奥で高さを変えられるよう、前後に分割できる棚板をご用意しました。奥のモノまで見やすく、取り出しやすくなります。

ニッチカウンター

玄関の空間に広がりをもたらすニッチスペース。家族の写真やお花等を飾ったり、コンセント付のため、明かりを灯すこともできます。

飾り棚スペース

トイレの吊戸棚には、空間にあなたらしい彩りを添えていただける飾り棚スペースを設けました。

使いやすい高さ

ランドリーキャビネットには、よく使う洗剤や柔軟剤、洗濯ネットなどを取り出しやすいよう、ハンガーストックパイプまでの高さを、約150cmにしました。

もっと心地よく、もっと使いやすい、洗面化粧台をご家族に。

洗面化粧台の不満

多くの声を反映した新発想がいっぱいの洗面化粧台

美しく健康であるために自分をキレイにできる場所。
だからこその気配りを。

毎日使う場所、そして自分をキレイにする場所だからこそ、使いやすさや快適性を細やかに追求。

ダウンライト位置

顔に光がきちんと当たるように、照明の位置を調整。メイクをする際に、三面鏡を開いても顔に影ができにくいよう、左右のダウンライトを近づけました。

片寄ボウル

ボウルを一方に寄せたことで、二人並んでも余裕をもって使える広さを確保。濡らしたくない物もすぐ手元に置ける広いドライエリアは、身支度の際に便利です。

内部コンセント

三面鏡裏収納の内部にコンセントを設置。美容家電やシェーバー等を収納内にしまったままの状態で充電ができます。

浅型引き出し

小物が多いメイク用品をしまいやすく、取り出しやすい浅型の引き出し。ティッシュボックスも収納できます。

家事効率お掃除・お洗濯などの家事を楽にして、暮らしをキレイに。

汚れてもサッとキレイにできる仕様や、お手入れしやすい形状の採用で、ご家族の家事負担を軽減。

ボウル一体型カウンター

汚れがたまりやすい部分をなくしてお掃除を簡単に。ボウル形状に丸みを持たせて四隅をなくし、またボウルとカウンターの一体型で継ぎ目もなくした、汚れにくいカウンターです。

三面鏡下部パネル

水ハネなどで汚れやすい三面鏡下部のパネルに高品位ホーローを採用。汚れをサッと一拭きでキレイにできます。

枠付き三面鏡

三面鏡の上下部分に枠を設けました。扉の開閉時に指紋が付きにくいので、いつもキレイに保てます。

壁付水栓

水ハネを抑えるハイバックカウンターに水栓を設置しました。水栓の取り付け部分に汚れがたまりにくい仕様です。

ホース引出し式シャワー水栓

シャワー部分を手元まで引き出せる水栓を採用しました。ボウルをサッと洗い流したいときに便利です。

収納力小物が多くなりがちな場所を、すっきりキレイなスペースに。

デッドスペースや棚の寸法等を全面的に見直し、モノの形に応じた指定席を決めて収納力をアップ。

三面鏡裏収納

濡れた歯ブラシも置けるパンチングメタルの棚を一部に採用。また内部コンセント付で、シェーバー等を収納したまま充電できます。

扉裏収納

扉の裏側にカゴを設けて収納にしました。スペースを無駄なく活かしながら、縦置きのモノをすっきりしまえます。グループインタビューでのご意見から生まれた仕様です。

開き収納+可動棚

下部の扉収納内に、可動式の棚を採用しました。ストック品の箱のサイズなどに合わせて、デッドスペースを最小限にすることが可能です。

キッチンを、もっと家族の時間が生まれる場所に。

暮らしのコアになる場を目指した、新しいキッチン空間。

家事効率手間を減らし、作業をスムーズに。

作業スペースの確保と効率アップ作業効率を高めるゾーニング簡単なお掃除・お手入れ

サポートカウンター

引き出し収納の最上段に、必要なときだけさっと引き出るサポートカウンターを設置。ワークスペースをさらに広げます。カウンター部分は耐久性に優れた人造大理石製。脱着できますので、お手入れも簡単です。※耐荷重10kg

作業スペースの確保

作業スペースが狭く限られていると、作業が繁雑になり、作業効率も低下します。オレンジキッチンでは、シンクとレンジの間の幅を約77㎝※とし、サポートカウンターを加えると、約1.7倍※(当社従来比)の作業スペースを確保。お料理や後片付けが効率よくスムーズにできますので、家事の時間短縮につながります。

巾木スライドストレージ

オールスライド収納の下部の、巾木部分も収納に。中のモノを出し入れしやすい引き出し式で、底板は汚れを拭き取りやすいホーロー製です。

収納力いつも整理整頓されて、使いやすく。

モノの指定席を決める事で整理しやすくデッドスペースの活用による、豊富な収納力自分好みにカスタマイズ

キッチンツールラック

デッドスペースをなくし、包丁を手元でスタンバイ。シンク前のスペースを包丁差しとして活用。4本の包丁が収納できます。

マルチハンガー

吊戸棚の下部に、キッチンペーパーやラップ類をセットできるハンガータイプの収納を設けました。
※ラップハンガー2本(計4本収納可)とキッチンペーパーラックが1本標準装備です。

包丁ストレージ

シンク前のスペースを包丁差しとして活用。4本の包丁が収納できます。

シンクフロントレール

グラスや鍋ぶたなどの一時置きや、まな板などの置き場に便利なハンガーレールをシンク前に設置しました。

オールスライドストレージ

キッチンカウンター下部は全て、使いやすいスライド式収納に。奥に置いたものも取り出しやすく、スペースを無駄なく活用できます。※耐荷重は15㎏

コミュニケーション家族のふれあい、その中心となる場所に。

お料理しながら会話も楽しむ夫婦一緒にお料理ができる子どもがお手伝いしやすい

ワークスペース

大人2人がキッチンに立って作業できるよう、ワークトップのスペースを確保しました。夫婦一緒にお料理を楽しんだり、子どもがキッチンでお手伝いをしたりと、家族のコミュニケーションタイムを増やすことができます。

※扉面材の色や材質、手掛けの形状、フックやバー、トレーの形状、収納内部の色等は、物件により異なります。また、一部旧仕様の写真となっております。

デザイン性

オーベルデザインコンセプト

歳月とともに深まる佇まい。邸宅としての上質を求めて。

オーベルデザインコンセプトは、「住まう家族が誇りを感じられるデザイン。流行に左右されず、将来にわたり価値が継続する上質な佇まい。」すべてのマンションが、このデザインコンセプトに則ってつくられています。

上質の定義

ていねい ディテールを折り重ね、
紡ぎあげるデザイン

時の経過とともに
深みが増すように。

うつくしさ 主張し過ぎず、
存在感の感じられるデザイン

目立ち過ぎず、街の中で
一目置かれる存在に。

うるおい つややかで、豊かさに
満たされたデザイン

建物全体として時が経てば
経つほど、潤いを感じられる。

邸宅感を創出するデザインテーマ

ファサード

1.フォーカルポイントを造る。
2.プロポーションを整える。
3.ディテールにこだわる。

エントランス

1.ステータスを感じさせるデザイン。
2.ストーリー性のある世界観。
3.上質なエントランス空間。

ランドスケープ(外構)

1.庭園のような外構。
2.エントランス周りのうるおい。
3.裏動線への配慮。

品質管理

独自の品質管理体制 「オーベルクオリティコード(OQC)」

なによりも、ご家族を永く守り続ける住まいであるために。

住まう方の立場から末永くお住まいいただく品質を構築するため、大成建設グループの技術力と積み重ねたノウハウを反映した独自の品質管理体制「オーベルクオリティコード(OQC)」。設計会社、施工会社にかかわらず常に変わらない品質を追求しています。

1
1000項目超におよぶ
品質管理レビュー

オーベルの品質を均一化するために1000項目を超えるチェック項目を定めた「OQCリスト」を規定。「OQCリスト」に基づき、杭工事から建物が完成するまで、工事の進捗に応じ、「建築」「設備」「電気」のそれぞれについて設計会社、施工会社に確認を行っています。

2
専門的な視点で
実施図面・施工状況を確認

着工後、設計図書をもとに作成された実施図面(詳細図面等)を、施工管理、品質管理の担当者が専門的な立場で確認。また、「OQCリスト」に沿って大成有楽不動産、設計会社、施工会社の三者がそれぞれの視点(立場)で現場のチェックを行います。

3
お客様と管理担当者の声を
迅速・確実にフィードバック

引渡し後、アフターサービス部門やマンション管理部門からの不具合情報を建設部門にフィードバック。「OQCリスト」や「オーベル基準仕様書」に反映することで、オーベルの品質向上に活かされています。

入居後のサポート

すべては、末永く住まいの価値を守るために。

お引渡し後の充実したアフターサービス

大成有楽不動産では、売買契約時にお渡しする「アフターサービス規約」に基づき、約3ヶ月目、約1年目、約2年目に専有部分と共用部分の定期補修を実施しております。また、「アフターサービス規準」に基づき、物件のお引渡し後の補修対応を行います。構造耐力上主要な部分と屋内への雨水の浸入を防止する部分に対しては、10年間のアフターサービスを行っています。
大成有楽不動産の「アフターサービス規準」は、(一社)不動産協会の定める中高層住宅アフターサービス規準を参考に作成しています。マンションの部位・設備の不具合の現象・状態によっては、同協会規準を超える充実したサービスを実施いたします。

アフターサービス基準例

※1. (一社)不動産協会の定める中高層住宅アフターサービス規準の期間。

安全で快適な暮らしを、ずっと支えるために。

防災対策への取り組み「そなエール」

「備えにエールを送る(応援する)」という想いを込めた「そなエール」というコンセプトを設定。安全安心の確保といったマンション側の防災対策だけでなく、お住まいの皆様に防災意識を高めていただく取り組みを進めるなど、ソフト面での防災対策強化にも努めています。

建物側の備えについて、
「ライフラインおよび安全安心の
保証にかかわるもの」を主軸に対策。

防災意識を高めるソフト面の
ケアサービスを強化。

※大成有楽不動産株式会社が管理を行うマンションの内容となります。

専有部分駆けつけサービス「住まいトータリエ」

水まわり、電気設備、鍵、ガラス、建具などの暮らしのトラブルに24時間・365日対応。
電話による要請でスタッフがすぐに駆けつけるサービスです。

※サービスのご提供は有償となります。
※大成有楽不動産株式会社が管理を行うマンションの内容となります。

マンション管理

マンション管理戸数57,000戸超※の実績で、居住者の皆様やオーナー様とコミュニケーションを図り、あらゆるマンションの特性に合わせた住生活サポートを提供します。また、マンションのコミュニティづくりや防災対策への取り組みを積極的に推進し、安全で快適な暮らしをサポートしています。
※2021年3月現在
※大成有楽不動産株式会社が管理を行うマンションの内容となります。

オーベル -OBER-
SITE INDEX
▲ TOPに戻る